セキュリティ対策ソフト 働き

セキュリティ対策ソフトの働き

コンピュータとセキュリティ対策ソフトは切り離して考える事は出来ません。
それでは、セキュリティ対策ソフトというのはどういった働きをするのでしょうか。
ここではその機能を御紹介しましょう。
導入時の参考になさって下さい。

コンピュータウイルスを例にとった場合、セキュリティ対策ソフトの働きとしては「検出」以外にも「駆除」「隔離」「削除」といったものがあります。
「駆除」というのは、ファイルをコンピュータウイルスに感染する前の状態に戻してくれる機能です。
但し、ファイルに感染しないタイプのワームやトロイの木馬を駆除する事は出来ません。また追記型ウイルスの駆除は可能ですが、上書き型ウイルスの駆除を行なう事は出来ません。

「隔離」は駆除ができないコンピュータウイルスを既定のフォルダに移す事により、その実行を阻止するための機能です。
その名の通りウイルスを「隔離」してしまうのです。隔離されたコンピュータウイルスは後で確認する事が可能であり、参照したウイルスは削除などの操作が可能です。

「削除」は、コンピュータウイルスに感染したファイルを文字通り「削除」してくれる機能です。
一般的にはファイルの削除はゴミ箱に移す事ですが、ここで言う削除はハードディスク上から完全に消し去るという事になります。
コンピュータウイルスが抹消されるので、誤ってコンピュータウイルスを実行してしまう危険性もありません。
こういった機能を充分理解し、セキュリティ対策ソフトをより一層活用していくと良いのではないでしょうか。

軽いセキュリティ対策ソフト関連情報